×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで)

子供が出来ない方、不妊治療で悩まれている方へアンサーコンテンツを用意しました。男性の不妊治療から助成金制度まで、不妊治療に関する悩みの解決に役立てればと思っています。

チョコレート嚢腫の治療法|手術療法



チョコレート嚢腫は、症状によって手術しないといけないケースが出てきます。

万が一、手術となると、どのようなことをするのか不安でいっぱいになってしまいますから、事前に行われる手術方法を知っておいた方が良いでしょう。

チョコレート嚢腫で使用される手術方法は、「病巣までのアプローチ」の方法によって次の2種類があります。開腹手術と腹腔鏡手術です。

・開腹手術
開腹手術は、チョコレート嚢腫に影響されている臓器を全て摘出してしまうという手術方法です。場合によっては、卵巣や子宮を摘出しないといけなくなるので、子供を産むことができなくなります。でも、開腹手術を行うということは、非常に状態が悪いということでもありますから、手術をせずに放置してしまうのは大変危険です。

・腹腔鏡手術
一方、腹腔鏡手術とは、ヘソの下と卵巣両側の3箇所に2センチほどの穴を開けて、腹腔鏡で手術を行う方法で、癒着部分の剥離や嚢腫だけの除去を目的として行われます。この腹腔鏡手術のメリットは、1週間程度しか入院する必要がないという点です。ただし、再発するリスクがありますので、気付いたらまたチョコレート嚢腫を発症しているということもあります。

以上の2つがチョコレート嚢腫で使用される手術療法です。
最近の傾向としては、圧倒的に腹腔鏡手術を受けられる方が多くなっているようです。その要因として考えられるのは、やはり内膜症の患者さんは若い方が多く、妊娠を希望される方が多いからでしょう。妊娠を希望されている患者さんに対して、子宮や卵巣を全部取るわけにはいきませんからね。

また傷跡が目立たないという利点もありますから、このような美容的理由が、腹腔鏡手術が今日中心的な手法になっている要因の一つとして考えられています。

ご存知ですか?子宮筋腫や子宮内膜症、
卵巣のう腫を自宅で改善する魔法の方法!

@病院に通わずに自宅で実践できます。
Aお薬や道具などを買う必要はありません。
B体に一切負担をかけない、すぐに始められる方法です。
C妊娠しやすい体に導きます。


50人中なんと47人の人が効果を実感している、
身体に負担をかけずに自宅で出来る改善法です!


◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
Copyright (c) 2014 不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで) All rights reserved.

不妊治療

子供が出来ない

子宮筋腫と不妊治療

チョコレート嚢腫

リンク集