×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで)

子供が出来ない方、不妊治療で悩まれている方へアンサーコンテンツを用意しました。男性の不妊治療から助成金制度まで、不妊治療に関する悩みの解決に役立てればと思っています。

子宮筋腫の症状って?



子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生した腫瘍の事です。形はカプセルに包まれたような感じです。

子宮筋腫は良性疾患なので、命に別状はありませんが(悪性化するのは0.5%以下)、子宮筋腫にかかる女性は大変多くなっています。

厚生労働省の調査によると、40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っていると言われているようですが、10代や20代、30代でも、閉経までの女性なら誰でも出来る可能性があります。

子宮筋腫は、エストロゲン依存性良性疾患のため、閉経後は縮小するので経過観察など、外科的な処置をしない事が多いです。しかし、良性疾患だからといって、子宮筋腫を軽視するのは危険です。

子宮筋腫の症状には、月経異常・月経痛・腰痛・下腹部痛・腹部圧迫感・頻尿・便秘などがあり、仕事や家事を休むだけにとどまらず、激痛により救急車で運ばれる方もいらっしゃるようです。

また、出血が原因で貧血になる事もあり、貧血が徐々に悪くなると、体の変化もゆっくり慣れてしまって気付かない方も多く、めまいなどを起こすだけではなく、心臓など他の臓器に負担をかけてしまうこともあります。

不妊の原因にもなると言われています。

子宮筋腫の原因は、はっきりした事は分かっていません。ただ、閉経を迎えると自然と筋腫が小さくなっていくので、女性ホルモン、特にエストロゲンの影響で、子宮筋腫が大きくなるという事は分かっています。

他にも、環境ホルモンの影響、食生活の変化が原因という説もあるようですが、科学的には証明はされていません。

30代や40代の方に症状が出る方が多いと言われますが、定期的にガン検診を受けるようになり、その時に見つかるケースが多いからかもしれません。

「赤ちゃんだって、産みたい!」
次のようなお悩みを抱える方へ

@子宮筋腫の症状をどうにかしたいけれど、手術は怖い。
A副作用のことを考えると、ホルモン治療には抵抗が…
B女性として、子宮を失うことは耐えられない…


子宮の病気でお悩みの方必見!
実は、手術をせずに、子宮筋腫を消し去り 妊娠も出来た方法があります!
今すぐ子宮筋腫の苦しみから解放されたいあなたに是非お勧めです!


子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・生理痛・子宮腺筋症・婦人科疾病・つわりを自宅でたった3分で解消する方法
Copyright (c) 2014 不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで) All rights reserved.

不妊治療

子供が出来ない

子宮筋腫と不妊治療

チョコレート嚢腫

リンク集