×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで)

子供が出来ない方、不妊治療で悩まれている方へアンサーコンテンツを用意しました。男性の不妊治療から助成金制度まで、不妊治療に関する悩みの解決に役立てればと思っています。

不妊に効果のある鍼灸療法



鍼灸とは、身体に鍼や灸を使って刺激を与えることで、多様な疾病への治療的な介入や健康増進を可能とする医療技術です。

日本では医師の他にはり師、きゆう師がこれを行うことができます。
鍼灸は、東洋医学や漢方医学の一分野として中国に起源をもつ日本の伝統的医療でといわれています。

金属の細い針をツボに刺し、またはもぐさというものを燃焼させてツボに刺激を加え病気を治そうとする施術の総称ですね。

鍼灸は、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、病気を自然に回復させる作用に働きかけるのではないかと考えられています。

一般に、鍼灸療法は肩こり、腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちですが、多くのつらい症状や病気に効果があります。

その中でも、鍼灸は不妊にも効果があります。
不妊の原因とされる、自律神経失調症、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリーといった精神的なものから、冷え性、血の道などに効果があります。

不妊クリニックの治療で排卵を誘発してホルモンの分泌をよくしても、筋肉が硬かったり血管が硬かったり、血流が悪い状態であれば血液
によって運ばれる栄養や酸素は不足し、内臓の働きやホルモンバランスに影響します。

また、足が冷えて血液が冷えているような状態では骨盤内も冷えてしまい、子宮や卵巣の働きは低下してしまいます。

鍼灸はそのような症状を改善させ、妊娠しやすい体を作ってくれるのです。

鍼灸には副作用がないので、妊娠前後でも全く問題なく治療ができるという点が、最近ことに注目されている要因にもなっているようです。

「赤ちゃんだって、産みたい!」
次のようなお悩みを抱える方へ

@子宮筋腫の症状をどうにかしたいけれど、手術は怖い。
A副作用のことを考えると、ホルモン治療には抵抗が…
B女性として、子宮を失うことは耐えられない…


子宮の病気でお悩みの方必見!
実は、手術をせずに、子宮筋腫を消し去り 妊娠も出来た方法があります!
今すぐ子宮筋腫の苦しみから解放されたいあなたに是非お勧めです!


子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・生理痛・子宮腺筋症・婦人科疾病・つわりを自宅でたった3分で解消する方法
Copyright (c) 2014 不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで) All rights reserved.

不妊治療

子供が出来ない

子宮筋腫と不妊治療

チョコレート嚢腫

リンク集