×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで)

子供が出来ない方、不妊治療で悩まれている方へアンサーコンテンツを用意しました。男性の不妊治療から助成金制度まで、不妊治療に関する悩みの解決に役立てればと思っています。

今、注目される鍼灸治療



今注目されている不妊治療の中に、鍼灸治療というものがあります。

「いまどき鍼灸?」と疑問に思われる方もいるかと思いますが、鍼灸は不妊症の体質改善には非常に高い効果があるといわれています。

また、副作用のない東洋医学の治療で、妊娠前後でも全く問題なく行えることから今注目されているようです。

鍼灸とは、腎、肝、脾が月経、妊娠などと関係する臓器とされているため、これらの臓器を整えるツボを、はりや灸を使って刺激していきます。

以前にもお書きしましたが、体の冷えが不妊の原因となっているケースが非常に多くあって、不妊で悩んでいる方の多くは手足が冷えたり、お腹が冷えています。

体が冷えると熱を逃がさないように血管が収縮して血流が悪くなり、酸素や栄養がうまく送られなくなって内臓の働きやホルモンバランスが崩れてしまいます。

はりやお灸をすると筋肉のコリや内臓の硬さが緩んで、血管も拡がって血流が良くなり結果的に冷えによる内臓の機能低下やホルモンバランスの崩れなどが改善されていきます。

また、それぞれの内臓に関係する神経は脳から背骨の中を通って各臓器に走行しています。

ですから、子宮や卵巣などと関係する神経の流れを良くするような治療、すなわち自律神経の中枢である視床下部に対してはり治療をすることによって、視床下部から脳下垂体、卵巣と刺激が伝わってホルモン分泌が非常に高まります。

また、鍼灸そのものが不妊治療に有効であるというデータもあります。
例えば、ドイツでは鍼を行なわなかった組では13.8%、行なった組では28.4%の妊娠率で、鍼治療組の妊娠率が高くなったなどがあります。

鍼灸治療法は、副作用もなく、効果があったという声が多数あることから、今最も効果な不妊治療法として注目を集めているのではないでしょうか。

「赤ちゃんだって、産みたい!」
次のようなお悩みを抱える方へ

@子宮筋腫の症状をどうにかしたいけれど、手術は怖い。
A副作用のことを考えると、ホルモン治療には抵抗が…
B女性として、子宮を失うことは耐えられない…


子宮の病気でお悩みの方必見!
実は、手術をせずに、子宮筋腫を消し去り 妊娠も出来た方法があります!
今すぐ子宮筋腫の苦しみから解放されたいあなたに是非お勧めです!


子宮筋腫・子宮内膜症・不妊・生理痛・子宮腺筋症・婦人科疾病・つわりを自宅でたった3分で解消する方法
Copyright (c) 2014 不妊治療、お悩みアンサー(子供が出来ない理由から助成金制度まで) All rights reserved.

不妊治療

子供が出来ない

子宮筋腫と不妊治療

チョコレート嚢腫

リンク集